銀座のクラブホステスとして初めて働く際の参考に

まず始めに、ホステスとはどのような仕事なのかご説明します!
ホステスとは元来は女主人や(旅館等の)おかみの意味でした。
日本では全ての飲食店を通じて、男性客をもてなす女性従業員のことを、「女給仕」を略して女給と呼んでいましたが、
1962年に東京観光社交業連合会が女給では、人権無視と蔑視感が伴うために「ホステス」の呼称で統一するようマスコミへ告知します。
当初は「社交員」と呼ばれていたものの東京オリンピック開催に伴い、国を挙げての国際化指導もあって、1964年にはバー、クラブ、キャバレーの女性従業員のことをホステスと呼ぶことが定着するようになったのであります。

特に銀座クラブのホステスさんは昔からお客さんをもてなす高い技術と充実した知識を持ち合わせた、プロフェッショナルの女性のことで時には、お店が重要な交渉の場になることもあります。
その場の空気を読み適切な対応をしなければなりません。ただにこにこしてお酒を注げばいいという単純なお仕事ではありません。

・銀座のホステスのお仕事はどうやって見つけるのか?
まず、仕事を探す前に年齢のことがあります。ホステスは18歳以上からできる仕事です。
年齢を偽る行為はお店に迷惑をかけるだけでなく、自分自身を傷つけることにもなります。絶対にしてはいけないことなのです。

そして銀座の場合沢山のクラブがありますから、ホステスのお仕事を探すには、まずどのような営業形態のお店で働きたいのかを明確にすることが大事です。
時給に目がくらんで、お店を選んでしまうと入店してから、嫌な思いをすることにもなりかねません。

例えば、「高級な雰囲気で高いサービスが求められるお店、服装はドレスが基本で、髪もセットが必要」、「アットホームで親しみやすい雰囲気が求められるお店、服装はカジュアルなものでOK」など、一言でホステスと言っても、働くお店は多種多様です。

入店してから困らないためにも、高級志向の「クラブ」、アットホームな「スナック」、華やかな「キャバクラ」のうち、どこで働きたいかを絞って探すようにしたいものです。

始めのうちは詳しくわからないでしょうからクラブのお仕事紹介会社を通した方が間違いないと思います。様々な業者さんがありますがクラブキャストさんはもともと私が銀座のクラブで働く際にお世話になっていた紹介会社の方が独立して始めたところなのでおすすめですよ♡

・ホステスの時給と勤務時間
これは都市部や地方によって、時給は変わりますし、また、営業形態によっても変わります。
勤務時間は、お店の開店時間は大体20時頃が多いです。従って、20時までにはお店を完璧に整えておかなければなりません。
開店には準備時間がありますので、2時間から1時間前には出勤することが必要でしょう。
退店時間については、さまざまですから、ママやオーナーと十分相談の上決めれば良いと思います。