お酒が飲めないから、ちょっとナイトワークは無理、そんな風に考えているあなた。
お酒が飲めなくても、働くことは不可能ではないのです。

まず面接の時に、「お酒は飲めないのです」と正直に話しておきましょう、飲めない理由もきちんと伝えておきましょう。
例えば、お酒にアレルギーがあるとか言う場合、飲んでしまったら倒れてしまうこともあるわけですから、その点ははっきりさせておくことが大事です。
お店側が、お酒が飲めることを就業の条件としている場合は、勿論そこでお話は打ち切りになりますが、別に飲まなくても接客をきちんとしてくれる女性を求めているなら、その条件でお仕事がもらえることになります。

同僚にも何気に話して理解を求めておくのも必要ですし、お客さんに勧められても飲めないことをはっきり伝えられる意志が必要ですが、飲めなくても酒席を盛り上げることは出来るものです。
飲めない分、話題を豊富に持つなどして接客を頑張れば、充分にやっていけるお仕事なのですから。

現役ホステスでもお酒が飲めない方はいます

銀座のホステスさんというと、ものすごくお酒に詳しくてお酒が強いイメージがありますよね?
でも意外とそんなことはなく、むしろ売れっ子ホステスさんが一滴もお酒が飲めないなんて話、よく聞きます。

じゃあ、どんな風にお仕事をしているのか?というと、彼女達は”お酒を楽しく飲ませるプロ”を極めているのです。
いかにお客様に楽しい気持ちになってもらい、いかに美味しくお酒を飲んでもらうか、この2つを徹底的に考えて極めています。

もちろん”一緒に同じお酒を飲むから楽しい!”と思うお客様もいますが、一緒にお酒を飲んでいても楽しくなければわざわざ銀座のクラブで飲む必要ないですよね?
ホステスさんがお酒を一滴も飲まなかったとしても、お客様が楽しい時間を一緒に過ごすことが出来れば結果OKなのです。

ですので、もしお酒が強くなかったりお酒が飲めなかったとしても銀座のクラブで働くことはもちろん可能です!
お酒が飲めなくてもお客様にファンになってもらえるよう、楽しい時間を提供できるホステスさんになれると良いですね。

広告