銀座のクラブという比較的紳士的なお客様が多い土地柄でもお酒が入ってしまうと男性脳が刺激されて下ネタへと会話が流れていってしまうこともあります。

下品な会話にならないようにきちんとした対処で下の入った会話をきりあげていくことが必要になってきます。

もともと素面状態でも下ネタを言ってくるお客様でしたら最初から毅然とした態度がいいでしょう。
もちろん印象を悪くしてはいけません。

言い方としては子どもを叱るような言葉で「めっ。そういう話は恥ずかしいでしょ」という言い方です。
男はいつまでたっても子どもなのでちょっとお母さんのように叱るのがコツです。

年配の男性のほうが効果が高く「しゅん」となってやめてくれるのでそのまま楽しい会話へときりかえましょう。

酔っ払ってしまっている場合はしつこくなるので過剰反応すると下ネタも過剰になってきます。
とにかく何を言われても「酔ってますねー」と話をあわせずにごまかし続けることです。

広告