つい数秒前に出会ったばかりの、初対面の人ともお話をすることもあるのが水商売のお仕事。
ノリが良かったり、物腰の柔らかいお客様なら安心してお話を進められるかもしれませんが、すべてのお客様がそうとも限りません。

最初は少し不安に感じるかもしれませんが、不必要におびえてはいけません。
こちらがビクビクしている姿はお客様にも伝わってしまいます。
中には、こちらがおびえているとわかると、さらにツンケンした態度をとられる方もいらっしゃいます。

どんなに怖そうな方でも、どんなに偉そうな方でも、笑顔で余裕をもって接客しましょう。
「お、肝の据わった子だな」と思われたらこっちのものです。
きっとお客様のほうから興味を持ってきてくれるでしょう。

最初のうちは、「わたし、水商売初めてなんです。道理も何もわからないので、いろいろ教えてください」と、あらかじめ打ち明けてしまうのも手段のひとつです。
水商売経験の無い女性を好むお客様もいらっしゃいますよ。

広告