タグ

, , , , , ,

久しぶりにまじめな事を書きます♪
今回は、銀座のクラブで働く場合に気になる正しいお店選びのことを書きます。

銀座には有名な高級クラブからネットにも出ていないような小さなミニクラブまで数千店舗が軒を連ねています。

その中で働く場合にどのお店が一番自分に合っているかわからなかったり、ましてや初めて銀座の夜のお仕事をする場合は気になる部分を、私の経験を含めた今の銀座のクラブ事情をお教えします。

銀座クラブのお店形態は大きく分けて5つ

高級クラブ
銀座で高級クラブといわれるお店は現在30店舗ほどです。
会員制なのでお客さんは紹介を受けて初めて利用できる一見さんお断りのクラブです。
高級クラブの場合お客さん1人に対してホステスさんは2名以上で接客します。
1人は必ず係りと呼ばれる永久指名のホステスさんが付き、その他のホステスさんはヘルプとして付きます。
お客さんが支払う金額が5万円から6万円以上のクラブを高級と呼んでいるのが一般的みたいです。

お給料は、日給で換算すると未経験でも2万5千円以上のお店が多いです。
お客さんを持っているホステスさんは日給10万円近くもらっている人もいます。

中級クラブ
運営されているお店からすればうちも高級クラブと考えていると思うので、ここはかなり線引きが難しいんですが、高級といわれるクラブとさほど変わらないくらい料金が高かったり、規模が広いお店もありますが、あえて分けたいと思います。

それは働く側、私たちにとって違いがあるからです。
高級クラブの場合規模がそれほど大きくなくても数十年営業している老舗クラブはここには当たりません。
銀座の高級というクラブとの違いは、お客さんの層だと思います。
中級クラブの場合来店されるお客さんとしては敷居が少し低くなります。
高級クラブは誰もがしている明らかに権力のあるお客さんやとても有名な方が多く来店されるので店内の雰囲気に明らかな違いがあります。

お給料としては高級クラブと変わらず2万5千円以上が多いです。
ホステスさんとして才能が有れば中規模のクラブのほうが、その後のお給料アップが早くなる場合もあります。

ミニクラブ・スナック
クラブで働いていたホステスさんがオーナーママとなりお店を持った場合このミニクラブの形態になる場合が多いです。
銀座は賃料が高いのでお店は小規模でホステスさんも10程度の在席なので、アットホームな雰囲気がありみんな友達感覚で働いているお店が多いです。
私も数年前銀座で初めて働いたときはすごく小さなミニクラブで働いていました。
初めての時のお給料は時給3000円で一年半働きました。
今でもその時一緒に働いていた子たちとはとてもいい友達です。

お客さんの料金は2万円前後がほとんどなので普通のサラリーマンの方も多くいらっしゃいます。
もちろん銀座なので会社を経営されている社長さんも多数いらっしゃいます。

ニュークラブ
ニュークラブはママは必ずしもいない場合があります。
高級クラブでいう係り制ではなく純粋な指名制になります。
お客さんは1時間いくらといった感じで時間制のセット料金になります。
長い時間いれば高い料金を支払い、短時間なら安く済むので、客層としては若いお客さんも多く来店します。
クラブと違って一見さんでもはいれるメリットがあります。

お給料は、時給で3000円から7000円の間になることが多いです。
また、指名制なのでお店によってはプラスで歩合が付きます。
ビジュアルに自身があれば、初めてでもお給料を多くほしい場合ニュークラブのほうがいいかもしれません。

ラウンジ
銀座のラウンジの場合上記のニュークラブとさほどシステムは変わりませんが、西麻布のラウンジのようなお金を持った比較的お若い(30代から40代)セレブなお客さんが多いです。
バックを多くもらえる可能性が高いので店舗数は少ないですが働けたらかなりラッキーだと思います。
私のお友達でも銀座の高級ラウンジで働いてる子がいますが、クラブより条件はかなりいいです。

今回は銀座で10年以上働く現役ホステスとして大きく分けて5つのクラブ形態を分けましたが、お店ごとに色々と条件に違いがあると思います。
働く際の基本的な銀座のクラブ情報として誰か一人の役に立てれば幸いです。

あと私の友人が銀座のクラブ紹介業を今年から始めたので、これからクラブで働きたいと思っている方やお店を移ろうと思っている方に、是非お勧めします↓
銀座クラブ求人のクラブキャスト
本当にすごい実力を持った方が運営されているので宣伝ではなく純粋にお勧めです♡

広告