ホステスは、常に相手の立場になりながら、相手の気持ちを想像しながら仕事をしていくお仕事です。
よく、ホステスはただ座っていられるだけの楽な仕事だと、誤解をしている人も多くいます。
でも、決して鵜呑みにしないようにしてください。人は経験したことしか分からないからです。
席に座っているお客様が複数名いるお店のタイプの場合は、お客様側の関係性を見抜いて、失礼のないように最大限配慮する必要もあります。
そういった配慮をしながら、お客様に楽しんでもらえるような接客を心がけなければなりません。

キャバクラの場合はマンツーマン形式のお店なので、お客様とホステスは一対一での接客になります。
お客様一人に対してホステスが一人つくタイプの接客が合いそうなのか、それとも不特定多数を同時に接客するタイプのお店が、自分には合いそうなのかをよく考えた上でお店を決めると、ホステスとして働きやすくなると思います。

ホステスは、場慣れしなければ自然な接客ができません。
だからこそ、お店の接客形式のスタイルと自分にできそうなことを予め決めておくことは大切になります。
まだ慣れずにぎこちない接客しかできなくても、お酒を飲んでいるようでいて、お客様はお店のことや従業員のことをよく観察している人も多いです。
だから、お店に慣れていなくても心のある接客を心がけていけば、お客様の獲得をしやすくなります。

ホステスは、売上をあげることができて、お店に貢献できる人がトップに君臨する世界です。
ホステスデビューをして間もない人は、売上をあげることができるホステスの接客には、必ず理由があるのでどういう接客をしているのかを見るのもいいと思います。
キャラクターがかぶらないように、自分流にアレンジをして取り入れていけば、売上のアップにつながる可能性があるからです。

毎日出勤しているベテランのホステスさんと比べると、途方も無い労力を要するかのように感じてしまうことも、新人時代ならば誰でもあるものです。
それでもこの世界は、場慣れすることで自分の設定するキャラクターを発揮して、売上につなげることができるので、頑張って続けていけば必ず実りがあります。

同伴やお店での売上に関しては、駆け引きの部分も強い世界です。

相手が言って欲しい言葉を言ったり、楽しんでもらうことに徹していれば高額を稼ぎ出せる仕事なので、夢があります。

広告