ホステスの求人をよく目にするけど、電話するのも怖い。美人でないから私にはできないと思っている人も多いですがそんな事ありません。
ホステスの仕事に興味を持っている人だと歓迎されます。

初めて電話をする時に必ず面接をしてもらいましょう。
ホステス、大企業での面接でも仕事の内容は違いますが面接をして仕事をもらうのは同じ事です。面接をした時に自分の上司、つまりママですがどのような人であるのかを何分かの面接で見極める必要があります。
そこのお店での待遇はどのようなものなのかを質問して下さい。
お酒の飲めない人だとお店のフォーローがあるのかどうか。
学生さんなら、試験前の休暇をもらえるのかどうか。
残業をしないといけないのかどうか。

ベテランのホステスさんでもお酒を飲まずにお茶でお客様の相手をしている人もいます。
もちろん、このような人のキャラクターは会話が途切れず話をしても楽しいというものです。
初めての人なら、自分がそこのお店でどのような働き方をするのか?
例えば、大学生なら大学を卒業するまでの4年間だけ働きその後、企業に就職をする。
フリーターの人なら、もう一度勉強したいから看護学校へ行く資金を貯める。
又は働きながら看護学校へ通う。社会人の人ならマンションを購入したいから昼間はOL、夜はホステスという働き方もあります。
もちろん、お店のママを目指す事もありです。
でも、このように昼も夜も働きづめだと若い時はいいですが年を取るたびに疲れ切ってしまいます。
目標をもってホステスという仕事をしましょう。
誰でも言えますが、人生は流されやすいもので、あっという間に時間が過ぎてしまい気が付いたら自分は、一文無し。仕事もなし。年だけ取ってしまい誰も相手にしてくれない。となった時にはておくれです。
ホステスは、華やかな仕事です。芸能人みたいな職業でもあります。
お金に余裕がなくても、最初は安いものから身だしなみをつけてイヤリング、指輪、ブレスレットとおしゃれをしてください。
自分に商品価値をつけるのは自分自身でもありますから。
自然とお客さんがあなたについてきてくれます。

広告